JA
Home » バレンタインデーにぴったりなワインをどうやって選びますか?

バレンタインデーにぴったりなワインをどうやって選びますか?

間もなくバレンタインデーがやってきます。大切な人と過ごすロマンティックで特別な日です。豪華なレストランやパーティに行く人もいるでしょうし、家でゆっくり過ごす人もいるでしょう。いずれにしても、バレンタインの特別な食事にはワインは欠かせません。

一年で最もロマンティックな日のためにワインを選ぶのは少々気が重いかもしれませんが、一番大切なことはそんなに難しくありません。この特別な日を一緒に過ごす人が好きなものを用意することです。

バレンタインデーは大切な人への気持ちを伝えるための日です。なので、とても珍しい評価の高いワインを買っても、一緒にバレンタインを過ごす相手の好みに合わなければ仕方ありません。ぜひこのことを念頭において、バレンタインにはどんなワインを用意するべきなのか見ていきましょう。

シャンパン

How to Choose the Perfect Wine for Valentine’s Day

シャンパンは、お祝いには欠かせないワインです。どんな料理との相性も良く、シャンパンを用意すれば、まず間違いはないでしょう。食前酒としても、パーティの乾杯のお酒としても、メインのお料理のお供としてもおすすめです。

もし、よりバレンタインデーにぴったりなものを探しているのであれば、ロゼシャンパンはいかがでしょうか?主に赤いブドウから造られるピンク色のロゼシャンパンは飲みごたえがあり、メインのお料理とも相性がいいワインです。

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールは、フランス産であってもニューワルド産であっても、繊細でスムーズな味わいで、とてもフルーティです。ですから、カベルネ・ソーヴィニヨンやボルドー・ブレンドなどの赤ワインが少し重く感じてしまうような繊細なお肉料理とも、ピノ・ノワールは相性がいいのです。

さらに、バレンタインデーに人気のあるフランス料理やイタリアンとの相性もばっちりで、メインからデザートまで楽しむことができます。シルキーでライトボディのピノ・ノワールはチョコレートとの相性も良く、更にそのフルーティな味わいはチェリーやラズベリー、イチゴなどを使ったデザートの味を一層引き立ててくれます。

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ

もしフルボディの赤ワインがお好みであれば、今年のイタリア産のアマローネはいかがでしょうか?このワインは、正式にはアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラと言う名前で知られています。ベルベットのような舌触りで、複雑で熟した赤い果実のような味わいで、甘く少し森のような香りがします。5年ほど熟成させてから飲むのがおすすめです。個人的にバレンタインに一番おすすめしたいこのワインは、官能的な味わいで牛肉などの肉料理やラグーなどの重めのお料理やダークチョコレートとの相性がばっちりです。

ロマンティックな名前のワイン

How to Choose the Perfect Wine for Valentine’s Day

愛をテーマにバレンタインデーのワインを選ぶのもひとつの方法です。ここでは、愛と関係のある名前のワインをご紹介します。

レザムルーズ

フランス語で《恋人》を意味するこのワインはバーガンディワインで、繊細で香り豊かなピノ・ノワールが造られることで有名なフランスのシャンボール・ミュジニーにあるプルミエ・クリュ(一級のブドウ畑)で収穫したブドウを使用しています。品質の高いこのワインは非常に高級ですが、特別な日の特別なワインになることに間違いありません。

シャトー・レザムルーズ

レザムルーズは少し高すぎるけれど、《恋人》という名前のワインをぜひバレンタインデーに用意したいという人には、シャトー・レザムルーズがおすすめです。レザムルーズとは全く異なるワインで、フランスのローヌ地方やアルデッシュ地方で造られるワインです。レザムルーズよりも手頃な価格で、グルナッシュやシラー、ムールヴェードルなどから造られる赤ワインの他に、ロゼや白ワインもあります。少しスパイシーで口当たりの良いこのワインは様々な料理によく合います。シャトー・レザムルーズの白ワインは、特にアジア系のお料理との相性がいいです。

サン・タムール

フランス語で《聖なる愛》という意味のこのワインは、単なる軽めのボジョレーではありません。サン・タムールは、丸みがありフルーティで、複雑な味わいのワインで知られるボジョレーにある特別な地域で造られます。この地域で造られるワインは手ごろな価格で品質の良いものが多く、そのまま飲んでも、食事のお供としても秀逸です。

シャトー・ラ・トゥール・カルネ《ラ・パッション》

《The Passion》は、バレンタインデーに相応しい特別なワインを求めているボジョレー愛好家におすすめのワインです。ボルドー左岸にあるラ・トゥールのセカンドレーベルであるこのワインは、主にカベルネ・ソーヴィニヨンですが、ファーストラベルと違いすぐに飲むことができます。このワインを嫌いな人はまずいないと思われます。

ラブブロック・ソーヴィニヨン・ブラン

時には、白ワインにしかできないこともあります。バレンタインデーと言えば赤ワインなのですが、キレのいいすっきりした味わいのワインが良いこともあります。ニュージーランド産のラブブロック・ソーヴィニヨンブランは国際的に有名なワイン生産者、キム・クロフォード氏が近年手掛けたものです。軽めの食事におススメで、特にシーフードとの相性がばっちりです。

バレンタインデーのワイン選びの方法をご紹介してきましたが、特別な日を一緒に過ごす人と楽しめるものを是非、選んでください。大切なのはワインの価格ではなく、一緒に過ごす大切な人です。素敵なワインと共に過ごした思い出は、きっといつまでも心に残るものになるはずです。

シーダー

シーダー・ストルテナウはシカゴを拠点とするワインライター、又、コンサルタントであり、テクノロジー業界で短期間働いた後、彼女は、あらゆる食に対しての関心が高かったのでワインに拠点が戻りました。彼女が特に注目しているのは、消費者がワインを買いやすくなることと、あまり知られていない品種に関心を持てるようになることです。シーダーは現在、ワインの小売業で仕事をしているほか、ワインに関する記事を書いたり、小規模生産者のブランド開発に関するコンサルティングを行ったりしています。

コメントを追加する

まずは登録を!

お申し込みいただくと、アジアのワインについての最新情報とトレンドに加えて、特売やワインテイスティングへのご招待がメールで届きます。
|en_USid_IDjako_KRthvizh_CN

Cellar & Friends

アジアの新しいワイン、ビール、スピリッツ愛好家のコミュニティに参加しましょう。