ワインとは何ですか?

ワインとは何ですか?

ワインは何から作られていますか?

ワインは、発酵したブドウから作られたアルコール飲料です。発酵した果物から作られたフルーツワイン、またはカントリーワインもあります。しかし、伝統的な意味でのワインはワイン用ブドウから作られています。

私たちが食べるブドウとワイン用ブドウの違いは何ですか?

私たちが食べるブドウとワイン用ブドウの違いは何ですか?

食べるブドウはワイン用ブドウとは異なる品種です。ほとんどのワイン用ブドウはヴィティス・ヴィニフェラ種(Vitis Vinifera)であり、食用ブドウはラブルスカ種(Vitis Lambrusca)または他の種から作られています。

これら2つのブドウの種類に多くの違いがあります。食用ブドウは生産量が多く、サイズが大きく、皮が薄く、糖分と酸性度が低く、全体的に風味が少ないブドウです。ワイン用ブドウは、一本の木当たりの収穫量が少なく、食用ブドウよりも小さく、皮が分厚く、糖分と酸味が多く、全体的に風味が強いブドウです。これがワインの構造と風味を与えるものです。

ワインを構成する要素

ワインを構成する要素

現代的なワイン製造方法は、多くの要素から最終製品が作られます。

ブドウ

良いワインを作るには良いブドウが必要です!現在でも在来種が使用されていますが、ブドウの苗は最適な気候と地域で成長するために世界中に運ばれて、新しいブドウが毎日栽培されています。

酵母

ブドウと他のすべての果物には、ジュースがさらされると発酵をし始める酵母が自然に含まれています。一部のワインメーカーは依然として固有の酵母を継続して利用していますが、ワインメーカーの大半が商業的に選択された酵母を使用しています。

酵母は、特定のフレーバーを生み出す副産物を作り出して、そのワインの独特の性格を際立たせます。ワインメーカーは、望ましい品種の出来上がり状況に基づいて特定の市販酵母を選択することができます。

 収穫時のブドウの酸味は非常に重要です。酸味はバランスの取れたワインの最も重要な側面の一つであり、熟成に役立ちます。いくつかの新世界のワイナリーは、希望のワインを作るためにワイン製造プロセス中に酸を加えます。

旧世界のほとんどのワイン産地では酸性添加物を使用することは違法です。このため、ブドウ栽培者はブドウ園での状況を特に意識しながら、ブドウの酸味が最も高いときに収穫する必要があります。

タンニン

タンニンとは、植物の皮や種子に自然に発生します。また、ワインの熟成に使用されるオーク樽やチップにも含まれています。苦味があり、ワインに見られる色が含まれています。タンニンはワインに素質とボディを加えて、熟成させます。

タンニンを多く含むワインは、口を乾燥させてべたつく感覚を与えます。赤ワインは白ワインよりもはるかに多くのタンニンを含んでいます。なぜなら、赤ワインは皮をつけてまま発酵しているからです。

添加物

現代のワインメーカーは、日常的に添加物をワイン製造プロセス中に使用しています。これらの添加物の一部は地域によっては違法となりますが、ほとんどの新世界諸国では標準的な慣行です。

酵素は発酵中にワインに添加され、固有の悪い酵母が成長して本来の有益な酵母に影響をもたすことを防ぎます。市販の酵母と同様に、酵素はワインメーカーにとって異なる利点を持つように栽培されています。

硫黄は、酸化防止剤としてワインに添加されます。オーガニックワインまたは硫黄を含まないワインは、硫黄が加わったワインよりも早く熟成し、賞味期限が短くなり、酸化がはるかに速くなります。

アラビアゴムは、アロマを保ち、より豊かな香りにするためにワインを作る際一般的に使用されている成分です。

ワインのタンニン、色、および風味を保つために、多糖類が添加されています。これらの糖分が長期間をかけて発酵することを可能にします。

清澄剤

残念ながら、多くのワインは完全菜食主義ではありません。ワインの清澄とろ過の原料として動物のパーツを使用することは、何世紀もの間一般的な慣行でした。卵白、ゼラチン、ベントナイト粘土は、現在でもワインのろ過に役立つ清澄剤です。

清澄剤が使用された後、ワインは大型の機械フィルターを通過し、このフィルターで清澄剤と他の粒子は取り除かれます。

単一品種とブレンドワイン

一般的な信念に反して、ほとんどすべてのワインはある程度ブレンドされています。多くのワインの生産地域では、合法的に最大15%まで別の品種のワインを混ぜても、メインのブドウの単一品種と呼ぶことができます。

これらの単一品種のワインには、他のワインを少し混ぜて、品質を作成し、酸性度の低いワインに強酸性のワインを追加するなど、小さな弱点を修正しています。

ローヌやボルドーのブレンドのような人気のあるブレンドには、複数の異なるブドウ品種が含まれています。これにより、ワインメーカーは、ワインから望まれるフレーバーと特徴を強調するユニークなワインを作成することができます。

異なる味のワイン

異なる味のワイン

ワインには、ワインの全体的な品質にとって非常に重要なさまざまな特性があります。よくできたワインは、バランスの取れた特性を持ちます。

酸度

ワインの酸味は非常に重要な役割を果たします。ほとんどのワインはかなり酸性です。飲んだ後の唾液の量によって、ワインの酸度が分かります。酸味はサクサク感があり、ピリッとしていて、しばしば柑橘類や未熟な果実味を生み出します。

甘味

ワインは、辛口から非常に甘いものまであります。伝統的に、後期収穫とデザートのワインを除き、ワインはドライまたはオフドライに作られています。甘さはワインにボディを加えます。フルーツワインは、しばしば甘いワインと混同されがちです。

タンニン

タンニンは口を乾燥させるため、ワインの辛口の理由と混同されることがよくあります。タンニンは苦みと草本のような風味を与えます。タンニンと酸味のバランスが取れているワインは上手く熟成できます。ほとんどの白ワインはタンニンが非常に少ないのですが、赤ワインのタンニンの量は、口をどれだけ乾燥させて、又、後味のざらつき感によって分かります。

アルコール

通常、白ワインは赤ワインよりもアルコール度数が低く、一部のデザートワインは最大40%のアルコール度数まで上がります。ほとんどの白ワインは8〜11%のアルコール範囲にあり、ほとんどの赤ワインは11〜13%の範囲にあります。

ワインを飲み込んでから息を吐き出すことで、アルコールの量をテストできます。灼熱感のレベルは、アルコールレベルを特定するのに役立つでしょう。

ボディ

通常、ワインのボディのレベルは全て、ブドウの品種とワインメーカーの慣行がワインに与える影響力によって決まります。ワインのボディは、通常、牛乳の脂肪レベルと例えることができます。軽いボディのワインはスキムミルクを飲んでいるように感じられますが、リッチでフルボディのワインはまるで濃い牛乳を飲んでいるかのように感じます。

ワインメーカーは何をしますか?

食用ブドウからワインを作るのはうまくいくでしょうが水っぽくて淡白な味になるでしょう。ブドウには自然にワインを作るために必要なもの全て(酵母と糖分)を含みますが、ほとんどのワインメーカーはこれらの要素を独自にコントロールしています。

ワインメーカーは、目的のワインを作るために特別な産業用イーストを使用します。いくつかの国や地域では、より高いアルコールや甘いワインを望む場合、糖分を追加することもできます。ワインメーカーは、ブドウの成長、収穫、ワインに追加されるものとその理由、さらに異なるワインのブレンド、フィルタリング、瓶詰めなどを管理します。

Christina

執筆者 クリスティーナ

クリスティーナ、2016年にセントラル・ワシントン大学を卒業し、グローバルワイン研究の理学士号を取得しています。彼女はフランスに留学し旅行する間に、大学時代の夏にアラスカで働きました。大学卒業後、ワシントンのお気に入りのワイナリーで数年間働いた後、彼女はアラスカに移り、人生のほかの目標を追求しました。それ以来、彼女はワイン業界でライターとして、又、コンサルタントとしてのキャリアを続けながら、景色と釣りを楽しんでいます。

コメントを残す

アバター

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新しい緯度のワイン、低緯度のワイン、高緯度のワイン

新しい緯度:アジアのワイン