JA
Wine 101 - New Latitude Wines
Home » 新しい緯度:アジアのワイン

新しい緯度:アジアのワイン

ワイン産地の新しいグループ

以前は、ワインの産地は2つのカテゴリーのいずれかに属していました。旧世界または新世界のワイン。2つの間に多くの違いがあります。ただし、現在では、新しい緯度のワイン産地と呼ばれる3番目のカテゴリーがあります。これには、アジアの一部、米国南部、アフリカ北部、および南アメリカ北部の一部が含まれます。

旧世界と新世界のワイン産地

最初に、旧世界と新世界のワインを定義しましょう。旧世界のワインは、最初にブドウの栽培とワインの生産が行われた地域のものです。これらの国には、フランス、イタリア、ポルトガル、スペイン、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、およびその他のヨーロッパ諸国が含まれます。

新世界のワインとは、輸入したワイン用ブドウと従来のワイン造りを取り入れてできた国と地域からのワインです。これらの国には、米国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、チリ、アルゼンチン、カナダなどが含まれます。

旧世界と新世界の両方のワインの国は、正確には30〜50の比較的同じ緯度にあります。これはブドウを栽培するのに理想的な緯度であり、世界の他の地域に比べて難しい問題が少ないと言えます。ほとんどのブドウには、10 ℃ を超える温度で、約150〜170日間の成長できる日数が必要です。これにより、ブドウの成長、開花、結実が可能になります。

厳しい冬に耐えられるブドウ品種もあれば、より穏やかな冬を好む品種もあります。もちろん、ブドウは非常に高温多湿の気候(熱帯気候)や乾燥しすぎて栄養不足の土壌(砂漠)の気候では育ちません。

新しい緯度のワイン

新しい緯度のワインは、緯度50度以上または30度以下の地域や国で栽培されているワインと見なされます。これらの地域は熱帯または非常に乾燥した気候であるため、ブドウの栽培が困難となります。タイ、ミャンマー、 インドネシア、ベトナム、および他の多くの国は、ブドウの栽培に挑戦しています。

経度が30度に近い国では、他の国よりも簡単にブドウを栽培できます。緯度30度未満の場所は、熱すぎたり、水が多すぎたり少なすぎたりすることがよくあります。

熱帯気候は、ワインメーカーに多くの課題をもたらします。水と湿度が非常に豊富であるため、真菌とカビの損傷のリスクが高まります。一部の地域では、気候によってブドウの木が休眠期に入ることができません。これは、ブドウの木が眠りについて、葉を落として、次の季節のために栄養素を貯蔵する冬に起こることです。

緯度が50度を超えると、気温が低くなりすぎます。ブドウの木は一年中休眠しており、ブドウを完全に熟させるのに十分な太陽がありません。

新しい緯度のワイナリーにとって最大の課題は、ブドウが成長するにつれて、適切な季節にブドウが繁殖周期に入るようにブドウを訓練することです。それができない場合、ブドウはモンスーンの季節に収穫する準備ができてしまうことがあります。これは北米の冬に相当する気候です。

低緯度ワイン

低緯度ワインは、ワインの世界で最も新しい出来事です。私たちは世界の多くの地域でブドウの栽培を実施していますが、今こそ新しい挑戦をする時です。栽培者は、気候をコントロールし、ブドウを新しい環境に適応させる能力を高めています。

科学者たちは、かつては過酷と考えられていた環境でうまく成長できるブドウを栽培するために取り組んできました。これは、霜や極端な寒さの影響を受けないようにブドウが栽培されているニューヨークなど、いくつかの新世界のワイン地域で見られます。

農薬、除草剤、および殺菌剤の効果は、低緯度ワインの生産に関連しています。これらの場所の多くは、他のワイン栽培地域とは異なる害虫やアブラ虫を持ち、湿気の多い地域では菌類やカビの問題を非常に受けやすくなっています。

すでにたくさんの水があるように思われる地域でさえ、休眠状態にならないブドウを利用するために灌漑を使用しています。一部の地域では、ブドウが休眠状態にならず、ブドウを栽培し続けるため、2回の収穫を成功させることができます。他の地域では、高品質のブドウを育て、土壌のミネラルを節約するために、ブドウに休眠期間を強制的に与えるようにしています。

タイ

東南アジアに位置するタイは、そのワインで国際的な注目を集め始めています。食用のブドウは1960年代の植物であり、それがワイン用のブドウに拡大しました。腐敗、菌類、およびカビはこの熱帯気候でブドウを栽培するのに課題ですが、マラガブランを浮き畑で育て、摘み取ったブドウをカヌーで陸地に輸送する方法で成功しています。

そのブドウの厚い皮は、大量の降雨と湿度に対処するのに役立ちます。また、そのブドウはより短い休眠期間に耐えることができ、熟すのに時間がかかり、熱帯気候に適しています。

インドネシア

気候的な困難に加え、イスラム教の影響により、ワインを飲む人が不足しているにも関わらず、インドネシアでは生産されるワインの量と質が向上しています。多くの場合ブドウのジュースは輸入に頼っていますが、ヴィティス・ヴィニフェラ種(Vitis Vinifera)の植え付けも増加しています。

インドネシアでは、様々な種類のマスカット類を植えています。暖かくて湿気の多い気候に対応できる、皮の厚い白ブドウ。この地域からのほとんどのワイン生産は地元で消費されますが、間もなく国際市場で見られるようになるでしょう。

インド

インドは、フィロキセラが流行するまで、アジア諸国で初めてワイン産業が成功した一つでした。その後、食事用のブドウとレーズンの栽培に重点が置かれましたが、ワイン用ブドウの植え付けが大幅に増加しました。

広大な土地に多種多様な気候と地域があるため、ブドウに適した地域が多くあります。気候によって、年に2回収量を行う場合もあります。ほとんどのブドウ園はマハーラーシュトラ州とカルナータカ州に集中しています。

中国

中国はアジア全体でワインの生産国のトップであり、最近は国際的な規模で認められています。中国で生産されるほとんどのワインは国内消費に使用され、国際市場で中国ワインを見つけることはまれです。

有名なワイン生産地域には、北京市、煙台、張家口、吉林省、山西省、寧陝県などがあります。ここでは赤と白のワイン、特にフランスの品種が生産されています。

新しい緯度のワインが増えると共に、国際的な規模で積極的に認知されています。新しい地域が開発され、環境に対処するためにブドウが特別にクローン化されると、ワインの生産量が増加します。国内需要が満たされたら、これらのワインが国際市場で見られることを期待してください。

高緯度ワイン

主にスカンジナビア諸国で栽培されている高緯度のワインは、低緯度のブドウ栽培者とは逆の課題があります。これらの地域は十分な日光を得るのが難しく、特に厳しい冬には植物が凍結する可能性があります。また、労働賃金が高いため、ここでワインを生産するのは非常に高価です。

ここでワインを生産する利点もあります。耐寒性ブドウの開発は劇的に増加しており、カビ、菌類、および昆虫に関わる問題のリスクはほとんどありません。

デンマーク

デンマークはスカンジナビア諸国で最初にワインの生産を開始し、現在では50以上の製造業者があります。主に、白、デザートワイン、スパークリングワインの生産に焦点を当てています。リースリング、ピノ・ブラン、ミュラー・トゥルガウが最も生産量の多いワインです。

デンマークにはワイン街道すらあり、ワイン産業は観光事業の発展に焦点を当ててきていますが、そのほとんどは国内規模に焦点を当てている状態です。

スウェーデン

スウェーデンは、メルロー、ロンド、ピノノワール、シャルドネの栽培に力を入れています。すべての高緯度地域の中で最もたくさんの赤ワインを生産します。デンマークのように、生産コストが高いため、ワインは非常に高価です。

スウェーデンのワイン生産者が直面するユニークな課題は、ワイナリーで合法的にワインを販売できないという事実です。ワインは政府が運営するアルコールショップに販売する必要があります。これため、あらゆる種類のワイン観光産業が難しくなっています。

奇妙なことに、スウェーデンにはかなりの数のワイン教育センターがあり、ワイン産業での労働者の教育に重点を置いています。

ノルウェー

リースリング、ミュラートゥールガウ、ピノブラン、およびビダルは、ここで栽培されている最も人気のあるブドウです。ここではほとんどすべての白ブドウが栽培されており、ほとんどの高緯度諸国よりも品種が豊富です。一部の生産者は、屋内で栽培するためにブドウをうまく栽培しています。

ノルウェーはまた、世界で最北端のブドウの栽培地でもあります。 ワインメーカーのビィヨーン・バルグム(Bjorn Bergum)は北緯61.2度でブドウを栽培しています。

ワイン産業は、いくつかの非常に興味深い変化をしてきてはそこでは見られなかったワインを文字通り取り入れています。これらの低緯度および高緯度のワインが店で見られるようになるのは時間の問題であり、すべてのワイン市場で通常のものです。

科学者と農学者は、懸命にこれらの緯度の課題に耐えるブドウの栽培をすると共に、栽培者が毎年十分な収穫を得られるために努力しています。

クリスティーナ

クリスティーナ、2016年にセントラル・ワシントン大学を卒業し、グローバルワイン研究の理学士号を取得しています。彼女はフランスに留学し旅行する間に、大学時代の夏にアラスカで働きました。大学卒業後、ワシントンのお気に入りのワイナリーで数年間働いた後、彼女はアラスカに移り、人生のほかの目標を追求しました。それ以来、彼女はワイン業界でライターとして、又、コンサルタントとしてのキャリアを続けながら、景色と釣りを楽しんでいます。

コメントを追加する

まずは登録を!

お申し込みいただくと、アジアのワインについての最新情報とトレンドに加えて、特売やワインテイスティングへのご招待がメールで届きます。
|en_USid_IDjako_KRthvizh_CN

Cellar & Friends

アジアの新しいワイン、ビール、スピリッツ愛好家のコミュニティに参加しましょう。