ワインは健康と長寿にいいですか?

ワインは健康と長寿にいいですか?

ワインは味わい深く、太古の昔から私たちの人間文化の一部となっています。

ワインは、人間の文明の進歩における重要な役割を示す上で、カトリック教会と正教会で宗教的な重要性が見られます。さらに、多くの料理において不可欠な材料でもあります。また、薬用のエリキシル剤として使用されることも知られており、適度に摂取すると身体の健康に良いことがあります。

一日にどれだけのワインが健康とみなされますか?

アメリカ心臓協会は、男性には1日1〜2杯、女性には1日1杯を勧めています。グラス一杯は4オンス(約120mL)のワインとして定義されます。

適度な消費は、アジア人でワインを飲む人とって次のようないくつかの健康効果をもたらします。

  1. がん予防
    ワインには、フリーラジカルと戦う抗酸化物質が含まれています。バルセロナ大学の研究では、驚くべきことに、赤ではなく白ワインを飲むとさらなるメリットが得られることが示されました。詳細はこちら: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10370874
     
  2. 脳卒中の損傷 / アルツハイマー病 / パーキンソン病および認知症のリスクを減らす
    赤ブドウの皮と種子に含まれるレスベラトロールは、神経細胞を保護する脳内の酵素レベルを増加させます。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15455646 および https://www.strokesmart.org/article?id=233
     
  3. 血液を薄くします
    アルコールは血液をサラサラにする機能があり、したがって、血栓を防止することに役立ちます。
     
  4. 善玉コレステロールを上げる
    レスベラトロールは、善玉コレステロールHDLのレベルを上げ、悪玉LDLコレステロールを減少させる可能性があります
     
  5. 前立腺がん
    ハーバード・メンズ・ヘルス・ウォッチでは、赤ワインを1週間に4〜7杯飲む男性は、赤ワインを全く飲まない男性より前立腺がんと診断される確率がわずか半分という報告があります。  https://www.health.harvard.edu/press_releases/prostate-benefits-from-red-wine
     
  6. 乳がん
    赤ブドウの皮と種子には、エストロゲンのレベルをわずかに下げる化学物質が含まれています。https://www.cedars-sinai.org/newsroom/moderate-red-wine-drinking-may-help-cut-womens-breast-cancer-risk-cedars-sinai-study-shows/
     
  7. 2型糖尿病の予防:中国科学院
    ネズミでの実験から、赤ブドウの皮と種に含まれるレスベラトロールの化学物質がインスリンに対する感受性を改善できることが推測されました。人間とのつながりはまだ証明されていませんが、科学の革新には勇気づけられます。https://www.medicalnewstoday.com/releases/84439.php
     
  8. 若さの泉:老化プロセスを遅らせる
    ハーバード大学医学部は、赤ワインに含まれる不思議な化学物質であるレスベラトロールとSIRT1遺伝子が健康の改善と寿命の長期化に最も確実に関係していることを発見した。https://hms.harvard.edu/news/new-study-validates-longevity-pathway

コルクを抜く行為は、定期的な集まりやお祝い事の雰囲気に変えます。歓喜と幸福の感情は愛と幸運を引き立てて、これらの豊かな感情は私たちの精神面の健康を向上させたいという雰囲気をもたらします。

アジアン・フラッシュ

アジアン・フラッシュ(アジアングローとも呼ばれます)とは、東アジアのワイン愛好家が気をつけなければならない事です。

この状態の症状は次のとおりです。

  • 顔と上半身の発赤を経験する
  • 吐き気
  • 頭痛とめまい
  • 呼吸困難
  • 目が赤い
  • 頬の腫れ

特にアジアの人々はなぜこの症候群に苦しんでいるのですか?

アジアン・フラッシュは、肝臓のアルコール分解に関与する酵素の1つであるアルデヒド・デヒドロゲナーゼの遺伝的に欠損している結果です。

健康な肝臓内で、アルコールは2つの段階で分解されます。最初のステップで、酵素アルコール・デヒドロゲナーゼ(アルコール脱水素酸素ADH)はアルコールをアセトアルデヒド(変異誘発物質で発がん物質)と呼ばれるあまり快適ではない化学物質に変えます。

2番目の酵素であるアルデヒド・デヒドロゲナーゼ(2型アルデヒド脱水素酸素ALDH2)は、アセトアルデヒドを酢酸に変換します。アルデヒド・デヒドロゲナーゼ欠乏症は、中国人、韓国人、日本人の間で一般的に見られます。一部の人々は、この酵素の欠損遺伝子のコピーを各親から1つずつ、合計2つ受け継ぎます。その結果、肝臓は酵素の欠陥バージョンを作り、アルコールを飲んだ直後に長期にわたる高レベルのアセトアルデヒドを経験します。アジアン・フラッシュを経験し始め

る理由は、身体が最終的にアセトアルデヒドの毒素を処理できず、体内に蓄積することを示しているのです。

この障害の追加となる欠点は、視覚的に見られることの恥ずかしさと、患者がアルコールに対する耐性が低いという認識です。症状は深刻であり、無視すべきではないため、医師に相談することをお勧めします。

救われる事実として、アルデヒド脱水素酵素の欠乏のために、アルコール関連の癌とアルコール依存症は東アジアの人口ではあまり一般的ではないということです。これは、人々がアルコールを飲んだ後にとても気分が悪く、ほとんど飲まない傾向があるという事実に起因しています。

健康とウェルネスのトレンド

ワインは健康と長寿にいいですか?

世界的な健康志向のため、食料はどこから来るのかということに関心が向けられています。これは非常にいいことです。

日本、シンガポール、韓国などのアジア諸国はオーガニックワインの主要市場です。健康志向の消費者は、特定のワインを注意深く調査し、選択することで、以下のような効果を確実に得ることができるでしょう。

  • ビーガンワイン(無乳糖)
  • グルテンフリー
  • オーガニックおよびバイオダイナミック
  • 体重を気にしている人の低アルコール/ 低カロリー
  • アルコールを含まないワイン

詳細については、https://www.rawwine.com/のRaw Winesをご覧ください。

中国文化では、赤色は幸運、幸福、喜びと同義であるため、ビジネスパートナーとのミーティングや結婚などの特別な機会に楽しむための飲み物として、赤ワインは自然的な選択となります。

今やるべき事といえば、健康に乾杯するため、自分にふさわしい赤ワインのグラスを注ぐことです!

Michelle

執筆者 ミシェル

ミシェル、もともと旅行業界にバックグラウンドを持つケープタウンに拠点を置くブロガーです。ワインの知識と世界中の優れたワインへの熱い情熱を追求する彼女は、南アフリカにあるケープ・ワイン・アカデミーの学生です。旅行、本、猫、はがき、卓越した料理が大好きです。人生の中で時間がかかるものほど、価値があると感じます。

コメント

コメントを残す

アバター

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0
一番よく使われるワイン用ブドウ品種

一番よく使われるワイン用ブドウ品種

プロから学ぶ: ナカヤマ ケイスケがタラモンティ・クドスの香りについて語る

プロから学ぶ: ナカヤマ ケイスケがタラモンティ・クドスの香りについて語る