炙りサーモンのマンゴーファンタジーとヴェネツィア ジュリア・ヴェルドゥッツォIGTのペアリング

ワインと料理の相性

スムーズで丸みがあり、芳醇な香りのヴェルドゥッツォは、マンゴーソースのかかった炙りサーモンとの相性が抜群です。料理に含まれるハチミツがワインの中のハチミツの香りを引き立て、ワインの甘みとサーモン添えられたマンゴーと枝豆のラタトゥイユがよく合います。更に、ワインのベルベットな舌触りが枝豆の苦みのある後味と見事に調和します。

材料

  • サーモンの切り身(柵)150g
  • マンゴー 3つ
  • マンゴーパール 小さじ3
  • 枝豆(殻を取り除き茹でておく)40g
  • 塩 3g
  • はちみつ 小さじ1
  • レモンジュース 小さじ1
  • コーンスターチ 小さじ1
  • 小麦粉 10g
  • 薄口しょうゆ 30g
  • 水(上記の調味料を加えよく混ぜておく)100g

調理法

  1. サーモンの皮をキッチンタオルで拭きながらはがす
  2. サーモンの両面にコーンスターチと塩をまぶす
  3. マンゴー1つをさいの目に切っておく
  4. 残り2つのマンゴー、ハチミツ、塩、レモンジュースをブレンダーにかけてマンゴーソースを作る
  5. サーモンの両面を焼く
  6. マンゴーソースを加えて、こんがりと焦げ目がつくまで焼く
  7. サーモンをフライパンから取り出し、6等分して、お皿の片側に盛り付ける
  8. さいの目に切っておいたマンゴー、枝豆、マンゴーパールを混ぜ、お皿のもう片方に盛り付ける

ワイン

Verduzzo Cantina Rauscedo

ヴェネツィア ジュリア・ヴェルドゥッツォIGT (Verduzzo Venezia Giulia IGT)
ラウシェード (Rauscedo)

ワインの概要北イタリアにおけるヴェルドゥッツォの歴史は長く、15世紀まで遡ります。そしてヴェルドゥッツォは現在に至るまで、フリウリ=ヴェネツィアジュリア州における主要なワインのひとつとして数えられています。糖度が高くハチミツのような味わいから、ヴェルドゥッツォは地元のスウィーツやデザートと一緒に楽しまれることが多いです。
イタリア
地域フリウリ=ヴェネツィアジュリア州
醸造年度2018年
ブドウヴェルドゥッツォ・フリウラーノ100%
黄金色
香りハチミツとフルーツジャムの香り
味わいマルメロ(カリン)を思わせる香りとソフトで丸みがある、ベルベットのような口当たり
アルコール度数12%
熟成ステンレスタンクで7ヵ月

ワイナリー

Cantina Rauscedo

岩石の多い不毛な土地から高品質のワインを造りだすために、収穫に収穫を重ねて65年の月日が費やされてきました。古代ローマ時代から受け継がれてきたラウシェードの伝統の中には、荒涼とした土地を世界中で愛されるワインを造りだす最適な土地にするための秘密が隠されていました。2つの川に挟まれた場所に位置するラウシェードでは、“水は人々を分け隔て、ワインは人々を団結させる”と言われています。

オリジナルのワインと料理の組み合わせ

Chinese Cuisines Meet Italian Wines

このガイド、そしてプログラム(“Chinese cuisines meet Italian wines”)は、“The I Factor Limited”の“MELIUS”の一環であるイタリアンワインバンク(the Italian Wine Bank)によって推進されています。このガイドは、香港にあるCCI(the Chinese Culinary Institute of the Vocational Training)、クラブチャイナ・イタリアンソムリエ協会(Club China AIS)、そして“Italian Wines World Summit”の協力によって実現しました。

このガイドは、これから数年間でより多くの支持を得られると思われる壮大なプロジェクトの第一歩として始まりました。このガイドは、新しい食文化の理解を促進すると同時に、イタリアのワイン市場の評価基準や中国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、そして世界中で活躍する近代中華料理のシェフやレストランオーナーの紹介をすることを目的としています。

元のワインと料理の組み合わせはChinese Cuisines Meet Italian Winesをご覧ください。

どう思いますか?

Chef Paul Wong

執筆者 シェフ ポール・ウォン

中国料理研修院、中華料理マスターシェフコース卒業

Cloudland Chinese Cuisine(雲來軒)総料理長 兼 代表取締役

ポール・ウォン氏はたゆみなく学び続け、その技を磨いてきました。中国料理研修院では、技術に磨きをかけ、着実に初級、中級、上級、そしてマスターシェフの資格を取得しました。五つ星ホテルや有名ケータリンググループで実績を上げた後、ウォン氏は自ら高級中華レストランをオープンし、総料理長を務めています。また、積極的にコンテストにも出場し、数々の栄冠を勝ち取ってきました。中華料理への情熱と食文化に対する強い関心、そして中華料理に対する深い知識と確かな技術を兼ね備え、ウォン氏は、ローカルな材料を使う一方で、世界中の料理法を駆使して料理をすることで自らのユニークなスタイルを築き上げてきました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0
ワインの貯蔵と保管の方法

ワインの貯蔵と保管の方法

シーフード料理に合うワインを選ぶヒント

シーフード料理に合うワインを選ぶヒント