中国におけるワインの生産地: 人気急上昇中の産地

中国におけるワインの生産地: 人気急上昇中の産地

中国のワイン生産地
中国のワイン生産地

China-Wine-Map.pdf | China-Wine-Map.png (High Definition)

中国におけるワインの生産地について

最新の考古学的な発見から、中国におけるワイン造りの歴史は9000年程前まで遡ることがわかり、その長い歴史に新たな1ページが刻まれました。しかしながら、経験だけがワイン造りにおける重要な要素ではありません。他のワイン生産国と比較してみると、中国は、伝統的なワイン生産国と期待の新興ワイン生産国とのちょうど中間にいると言えます。だからといって、中国の地元ワイン生産者が国際市場に挑戦していないわけではなく、むしろ世界中から注目を集めています。中国のワインの生産地は、たいてい、行政区画に基づいて分けられています。地元で栽培されるブドウとそれぞれの産地で造られる様々なワインが現代の中国ワイン業界を彩っています。

地域ガイド

山東省

主なブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン、蛇龍珠、カベルネ・フラン、シラー、リースリングブドウ、シャルドネ、その他

中国のワイン造りをリードしていると言えば、山東省が有名でしょう。この地域では、ワインの生産は古くから行われており、売上高は中国でもトップクラスです。ほとんどのワインは、「ワインの首都」とでも呼ぶべき煙台が位置する山東半島で造られています。主な産地は2つあり、見渡す限りにブドウ園が広がる煙台の町、蓬莱市と半島の反対側に位置しているチンタオです。

山東省は、太陽の光に恵まれていますが、気候は涼しく、広大に広がるなだらかな丘には十分な雨が降り、排水条件も良好です。現代中国のワイン業界の先駆の土地であり、有名な張裕ワインの発祥地でもあります。多くのワイナリーがこの地域に定着し、中国初の一大ワイン生産地の成立に大きな貢献をしました。しかし、夏は非常に降水量が多く、ブドウの木が病気にかかったり虫が繁殖しやすいため、この地域のワイナリーは多くの課題に取り組んでいます。

河北省

中国におけるワインの生産地: 人気急上昇中の産地

主なブドウの種類:竜眼、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、マルスラン、シャルドネ、その他

河北省と聞けば、中国のワイン愛好家たちは中国初のドライな味わいの白ワインと赤ワインを思い浮かべるでしょう。一番の生産地は、暖かく少し湿った気候の昌黎県のなだらかな地域ですが、平均よりも少し雨が多く、真菌病に対する予防を常にしています。洛陽は燕山山脈に囲まれており、乾燥した気持ちの良い気候で、太陽の光に恵まれています。ここでは、リュウガンという果物が主に作られており、中国国内外から高い評価を得ています。

寧夏省

主なブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、蛇龍珠、シャルドネ、イタリアン・リースリングブドウ、リースリングブドウ、その他

ワイン造りは、寧夏省の主な産業だと言えます。この地域の日照条件はとても良く、日中の気温変化の幅も大きく、北側にある賀蘭山脈のおかげで冷たいシベリアの風が吹き込むこともありません。しかし、冬の寒さは厳しいので、ブドウの樹を土に埋めて寒さから守らなくてはなりません。これはブドウ農園にとっては骨の折れる作業です。この地域には黄河が流れており、灌漑にはとても適しています。寧夏省の地方自治体は、ワイン産業に非常に力を入れており、新しい栽培技術やブドウの品種の開発にも積極的に取り組んでいます。Helan Qingxueなどの地元のブドウ園も、その複雑で洗練されたワインを世界に披露している一方で、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンなどの大きな法人企業も寧夏省に投資をしています。

山西省

主なブドウの種類:シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、リースリングブドウ、シュナン・ブラン、その他

山西省は、太古の昔からワイン造りで知られています。その恵まれた地形と特徴的な黄土、そして優れた土壌排水が、独特な風味を持ったワインを造りだします。国際的に有名なワイナリー、グレース・ヴァインヤードはこの地域の発展を促進し、多くの小規模のヴァインヤードがその成功に続き、輝かしい将来への高い可能性を示しています。この地域をリードしているのは、もちろんシャトー・ロンズィーで、ボルドーのワイン醸造業者、ジャン=クロード・ベルエ氏をアドバイザーに迎えています。

雲南省

主なブドウの種類:ローズ・ハニー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、その他

ワイン造りに適した気候と、降り注ぐ太陽の光に満ちた雲南省は、ブドウ作りには最適な場所です。しかし、畑が夜空の星のように点在していて、大規模のブドウ園を造ることは困難です。そこで、この土地は特別なワインを造ることに特化しており、国際的な関心を集めています。モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの一部であるアオユンブドウ園もここにあります。その他にも、シャトー・ディケムやシュヴァル・ブランで知られるワイン醸造業者ピエール・リュルトンもこの土地への投資に興味を示しています。

新疆省

中国におけるワインの生産地: 人気急上昇中の産地

主なブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン、蛇龍珠、メルロー、シャルドネ、イタリアン・リースリングブドウ、サペラヴィ、ルカツィテリ、その他

新疆省は、中国のワイン造りにおいて急成長中の地域です。この地域は降水量が少なく、強烈な日差しが注ぎ、日中の気温変化が大きく豊富な水資源があるので、他とは違ったワイン用ブドウを育てることができます。

シルクロードを経由して新疆省に紹介されたジョージアン・レッド・ハニーやホワイト・フェザーが、新疆省のワインを次の段階へと推し進めたことは確かです。

中国東北地区

主なブドウの種類:ヴィティス・アムレンシス、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、シャルドネ、ヴィダル、リースリングブドウ、その他

中国東北地区の黒くてカルシウムが豊富で肥沃な土壌と、長白山脈に生息するヴィティス・アムレンシスがこの地域独特のワインを造りだします。ここで作られるブドウは、アントシアニンが豊富で酸味が強めなので、発酵の段階で多めに糖分を加えます。遼寧省にある桓仁満族自治県は、「ゴールデン・アイス・バレー」と称され、ここで採れるブドウ、ボトリティス・シネレアを使用したアイスワインは、カナダのアイスワインに匹敵するほどだと言われています。

甘粛省

主なワインの種類:イタリアン・リースリング、リースリング、ピノ・ノワール、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、シャルドネ、その他

中国の甘粛省は、ゴビ砂漠に隠れた宝石のような場所で、中国のワイン産業の聖地です。甘粛省は、シルクロードにとって重要な役割を果たした河西回廊の東側に位置しています。この地域は日照条件が良く、特に甘粛省の東部は比較的降水量が少ないので、植物病害や虫による被害の心配も少なくてすみます。

甘粛省はブドウの栽培にとても恵まれた土地で、ブドウの熟成期間もちょうど良く自然汚染もなく、更に一日の気温変化も激しいので、ブドウの色付きに適しています。この地域では、中国でも有数の質の高いブドウの生産が行われています。

甘粛省では多くの地域でワイン造りが行われていますが、特に武威市が中心となっており、中国中から関心を集めています。武威市の気候はフランスのボルドー地方の気候とよく似ており、中国では、武威市のワインはフランスのボルドー地方のワインにも引けを取らないほどの評判です。また、莫高窟がある甘粛省の北西の地域も、ワイン造りが盛んなことで知られています。

編集後記

「中国が世界市場において既に成功を収めたとは言えませんが、ワイン業界において最も成長の見込まれる市場として、これから更に国際的に注目を集め、いずれは重要な役割を果たすようになると思われます。」

どう思いますか?

Chris

執筆者 クリス

クリスは、マンチェスター大学において通訳および翻訳を学び修士号を取得したのち、ワイン市場について更に学ぶために、DFSグループシンガポール支部の酒類・たばこ取り扱い部門で5年間勤務しました。ワインに関する販売宣伝に取り組む傍ら、世界中の一流ワイナリーのトレーナーの通訳、ワインのトレーニングに関する書類を作成するコピーライター、そして中国におけるワイン愛好家と同僚を結び付ける懸け橋としても活躍しています。“ワインこそ人生だ!”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0
ヨーロッパのラガービールの代表:ステラ・アルトワ

ヨーロッパのラガービールの代表:ステラ・アルトワ

台湾ワイン市場を垣間見る

台湾ワイン市場を垣間見る