ワインの解剖学:ライト・ボディ、ミディアム・ボディ、フル・ボディのどれですか?

ワインの解剖学:ライト・ボディ、ミディアム・ボディ、フル・ボディのどれですか?

ワイン愛好家として、ある種のワインを最初に口にした時、その強さと複雑さを味わえるようになります。

あなたの口蓋が認識し始めるものの一つは、口の中にワインを含んだときの厚さと質感です。この口当たりを、ワインの「ボディ」と呼びます。

ワインのボディは甘さや酸味ほど明確ではないため、ワインのボディを説明するのは難しい場合があります。様々なワインを見分けるためには時間をかけて数々のワインの経験を積むことです。

ワインのボディは、次の3つの方法で最適に分類できます。

  • ライト・ボディ:これがコップに入った水だとしましょう。
  • ミディアム・ボディ:一杯のオレンジジュースのように考えてください。
  •  フル・ボディ:一杯のマンゴージュースを飲むことと思ってください。

ライト・ボディワイン

ライト・ボディワイン

これらのワインは口当たりが軽くてデリケートで、さっぱりした爽やかな性質で夏の期間中人気があります。

ミディアム・ボディワイン

ミディアム・ボディワイン

こちらは、明確な切れ目の定義がないため「中間」ワインとして知られています。これらのワインは、ライトからミディアムまたはミディアムからハイボディを示します。ミディアムボディのワインは、バランスの取れたタンニンと心地よい酸味を備えているため、食事ときにふさわしい理想的なワインです。

フル・ボディワイン

フル・ボディワイン

丈夫で力強い性質で知られています。ブドウの皮(タンニン)が自然と用いる性質で、深い赤ワインとポートワインは大胆な傾向があります。フルボディのワインを飲んだ後、口の中はコーティングされたように感じます。

ワインのボディに寄せられる要因は何ですか?

タンニン、砂糖、酸などのいくつかの影響により、ワインの全体的なボディが決まります。ワインのタイプを推測する最も簡単な方法の一つは、アルコールレベルを調べることです。アルコールは、ワインの粘度または厚みを増します。ワイン愛好家が覚えておくべき簡単なルールは次のとおりです。ワインのアルコール度数が高いほど、ワインは重くなり、そのため口当たりが大胆になります。

ワインは、ブドウが栽培されている気候の影響を受けます。ニュージーランドのような涼しい気候の地域で収穫されたさっぱりとした軽いソーヴィニヨンブランと、アメリカ合衆国のような暖かいワイン産地のオークのシャルドネの違いを考えてみましょう。温暖な地域で育つブドウ品種は、砂糖が豊富な熟れた房を生産するため、アルコールの割合が高くなる可能性があります。

抽出物は、ボディに影響するもう一つの要因であり、ワインに含まれるタンニン、糖質、酸、グリセロールなどの固形物を指します。

ブドウの品種/品種自体がボディを決定します。カベルネ・ソーヴィニヨンのような厚い皮のブドウには、ピノ・ノワールのような薄い皮の品種よりもはるかに多くの抽出物が含まれています。

ワインがオークで発酵または熟成されている場合、生産方法はワインにさらに重量とボディを追加します。一般に、赤ワインは白ワインよりもフル・ボディです。

次回ワインを選ぶときは、時と場所、そして食べ物と組み合わせることを忘れないでください。ガイドとして、ボトルに示されてあるアルコールの割合を見て検討してください。

  • ライト・ボディのワイン:アルコール度数は12.5%未満です。
  • ミディアム・ボディワイン:アルコール度数は12.5%〜13.5%です。
  • フル・ボディワイン:これらのワインのアルコール度数は13.5%以上です。

ワインの世界が開かれたら、「神の蜜」の発見を楽しんでください。好奇心をそそり、様々なスタイルを探検してみてください。正反対のものに情熱を感じるかもしれません。

どう思いますか?

Michelle

執筆者 ミシェル

ミシェル、もともと旅行業界にバックグラウンドを持つケープタウンに拠点を置くブロガーです。ワインの知識と世界中の優れたワインへの熱い情熱を追求する彼女は、南アフリカにあるケープ・ワイン・アカデミーの学生です。旅行、本、猫、はがき、卓越した料理が大好きです。人生の中で時間がかかるものほど、価値があると感じます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0
ワインラベルの読み方:初心者向けガイド

ワインラベルの読み方:初心者向けガイド

一番よく使われるワイン用ブドウ品種

一番よく使われるワイン用ブドウ品種