ワインの9つの主要なスタイル

一つ一つの味にワインのスタイルがあります。ワインには多くの品質とスタイルがあります。ライトからフルボディ、アロマ、辛口から甘口、白から赤、スパークリング、フラット、強化されたもの。

ここにワインの9つの主要なスタイルがあります…

ワインの9つの主要なスタイル

1. スパークリングワイン

お気に入りの炭酸飲料を楽しむのに特別な機会など必要ありません。スパークリングワインは、あらゆるワイン用ブドウから作ることができます。スパークリングワインで最も人気のある2種類は、シャンパンとプロセッコです。

メインフレイバー

一般的なフレーバーには、柑橘類、桃、トースト、ライトベリーが含まれます。

人気の品種

スパークリングワインの製造には、あらゆる種類のブドウが使用されます。フランスと新世界の国々ではピノ・ノワールとシャルドネを使用するのが一般的です。他の旧世界の国々では、多くの異なる国産ブドウを使用する傾向があります。

ペアリング

スパークリングワインは、様々なチーズ、貝類、魚類、緑色野菜とよく合います。

2. ライトボディの白ワイン

渋みがあり、シャキシャキしていて、酸味が強いことで知られています。これらのほとんどのワインは熟成させるべきでなく、瓶詰めから1年以内が最高な品質のワインです。

メインフレーバー

主なフレーバーには、柑橘類、メロン、リンゴ、グレープフルーツ、ピーチが含まれます。

人気の品種

一般的なライトボディの白ワインには、ソーヴィニヨン・ブラン、グルーナー・ヴェルトリーナー、ピノ・グリなどがあります。

ペアリング

ライトな白ワインは、ナッツチーズ、イカやタコなど、貝類、新鮮なハーブに最適です。

3. フルボディの白ワイン

これらのワインは豊かで大胆で、時には樽の中で熟成されます。

メインフレーバー

パイナップル、りんご、スターフルーツ、スイカズラ、梅やサクランボなどの風味が一般的です。樽の中の沈殿物で熟成させると、バター、クリーム、バニラの風味がはっきりします。

人気の品種

人気のフルボディの白ワインには、シャルドネ、セミヨン、ペコリーノ、ヴィオニエが含まれます。

ペアリング

フルボディの白ワインは、すべての白ワインの種類の中で最も多様な料理と組み合わせることができます。プンっと匂いのある塩辛いチーズ、魚類、白身の肉、ロースト野菜との組み合わせが素晴らしい選択です。

4. アロマ風味の白ワイン

白ワインの3番目のカテゴリーは熟成が長く、辛口から甘口まであります。これらはとても香ばしく、他の白ワインよりも熟成ししています。

メインフレーバー

スイカズラ、りんご、梨、花、桃、蜜蝋が主なフレーバーです。

人気の品種

リースリング、ゲヴュルツトラミネール、マスカット・ブラン、シュナン・ブランは、主な香りのよい白品種です。

ペアリング

すべてのチーズ、魚類、豆、スパイシーな料理によく合います。 

5. ロゼワイン

本質的にロゼは、白ワインのスタイルで作られた赤ワインです。果汁は、赤ワインのように皮や種と一緒に発酵しません。代わりに、ジュースはほんの数時間だけ皮と一緒に置かれて、ほんの少しの色とタンニンだけをワインに入れます。

メインフレーバー

メロン、イチゴ、そして柑橘類は、ほとんどのロゼに含まれる風味です。

人気の品種

赤ブドウの品種はどれでもロゼにすることができます。人気の品種には、ピノノワール、メルロー、サンジョヴェーゼなどがあります。

ペアリング

ロゼは、さまざまな料理とうまく調和することで知られていますが、特にチーズ、甘干し肉、白身の肉、パスタ料理とよく合います。

6. ライトボディの赤ワイン

ピノ・ノワールとガメイは、最もよく知られたライトボディの赤ワインです。これらは非常に薄い皮なので、色とタンニンは他の赤ブドウよりも軽いです。酸味が強く、クランベリーの風味が豊かです。

メインフレーバー

クランベリー、ブラックベリー、マッシュルーム、チェリーはライト・レッドの一般的な風味です。

人気の品種

ピノ・ノワールとガメイは、2つの最も人気のあるライト・レッドの品種です。

ペアリング

ライト・レッドは、甘干し肉、猟鳥、そして色々な種類のチーズによく合います。

7. ミディアムボディの赤ワイン

このスタイルは赤ワインの大部分を占めています。これらは十分に熟成し、ブレンドの目的でしばしば使用されます。

メインフレーバー

ブラックベリー、チェリー、梅、甘干し肉、クランベリーは、ミディアムボディの赤ワイン全体に共通する風味です。

人気の品種

このカテゴリーで人気の品種には、メルロ、カルメネール、カベルネ・フランなどがあります。

ペアリング

ナッツチーズ、甘干し肉、そして牛肉は人気のある組み合わせです。

8. フルボディの赤ワイン

大胆なタンニン、濃い色、十分熟成していることで知られています。フルボディの赤ワインは、皮が厚く、皮と種子で十分に発酵し、樽の中で十分な時間を費やしたブドウから作られます。

メインフレーバー

風味には、タバコ、チェリー、ダーク・ベリー、杉、黒胡椒、スグリの実が含まれます。

人気の品種

マルベック、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、モンテプルチャーノ、その他の多くの品種は、フルボディの赤のカテゴリーに属します。

ペアリング

猟肉、ステーキ、シチュー、豪華な料理は、大胆な赤ワインの素晴らしいパートナーです。

9. デザートワイン

デザートワインは、辛口から非常に甘いものまであります。これらのワインの多くは、何十年も熟成されることが可能です。これらのワインの一部は強化されており、アルコール度数が高くなっています。

主な味

キャラメル、ヘーゼルナッツ、スモモやさくらんぼなど、タバコ、および黒糖が、デザートワインの一般的な風味です。

人気の品種

このスタイルには、先住民のブドウから作られたポート、マルサラ、シェリーがあります。

ペアリング

多くの場合、食前酒またはデザートワインそのものとして、これらのワインはデザートや甘い料理とよく合います。

飲み干そう! 選べるワインはたくさんあります。

どう思いますか?

Christina

執筆者 クリスティーナ

クリスティーナ、2016年にセントラル・ワシントン大学を卒業し、グローバルワイン研究の理学士号を取得しています。彼女はフランスに留学し旅行する間に、大学時代の夏にアラスカで働きました。大学卒業後、ワシントンのお気に入りのワイナリーで数年間働いた後、彼女はアラスカに移り、人生のほかの目標を追求しました。それ以来、彼女はワイン業界でライターとして、又、コンサルタントとしてのキャリアを続けながら、景色と釣りを楽しんでいます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0
ブドウ園からワイングラスまで、6つのステップで。

ブドウ園からワイングラスまで、6つのステップで。

いつ、そしてなぜワインを熟成させるのでしょうか?

いつ、そしてなぜワインを熟成させるのでしょうか?