自分好みのビールを見つける方法

自分好みのビールを見つける方法

ビールは種類が多い上にサブカテゴリ―まであり、自分好みのビールを探すのは非常に骨の折れる作業です!これが、多くの人が自分の好みを見つけるまでは、あまりビールを好きではないと思う理由なのかもしれません。

様々な種類のビールに挑戦してみよう

まずは、ビールの基本をよく理解するために、クラフトビール、ペールエール、ラガービール、スタウト、ピルスナーといった一般的に良く飲まれるビールから始めてみましょう。自分で好きなビールを組み合わせて買うことのできる6本パックの販売をしているスーパーマーケットやビールクラブもあります。

一般的なビールのスタイルの典型的な風味

  • エール:このビールはコクがあり、フルーツやハーブ、ホップの香りを堪能することができます。
  • ラガー:キレのある味わいとほのかな苦みで、一番人気のあるビールです。
  • モルツ:キャラメルやナッツなどの甘い香りがし、一般的にエールやラガーよりも濃い色のビールです。
  • スタウト:ローストしたホップを使用しているため色が濃く、キャラメルやタフィーチョコレート、ナッツのような香りがします。
  • ストロング:アルコール度数が7%以上のビールを言います。ストロングビールは一般的に色が濃く、様々な香りのものがあります。
  • クラフトビール:この種のビールは小さな醸造所で造られます。製造者によって、その風味は様々です。

思わずがっかりしてしまうような風味のビールもあるかもしれませんが、あきらめないでください!他のことでも同じですが、必ずどこかに自分好みのビールがあるはずです!

初めて行くパブやレストランでは、是非、積極的に新しい種類のビールを試してみてください。例えば、私は何年にも渡ってラルービールを飲んでいたのですが、ある地元のパブでタイガークリスタルビールに出会い、今ではこれが私のお気に入りになりました。タイガークリスタルビールは花のような香りで苦みが少なく、私好みのビールです。

気に入ったスタイルを見つけたら、そのスタイルの様々なビールを試してみましょう

自分好みのビールを見つける方法

それぞれの醸造ブランドは独自の発酵プロセスを持っており、それによってビールの香りや濃さが変わってきます。例えば、タイガーブランドのエールビールには独自の香りや苦みがあり、バドワイザーやサッポロのエールビールとは違います。こんな時こそ、是非、スーパーマーケットで選べる6本セットを購入してみましょう。

様々なアルコール度数のビールを試してみましょう

一般的にビールのアルコール度数は4.5%から5.2%ほどで、多くの人が好む強さです。しかし、一般的なアルコール度数のビールが強すぎると感じるようであれば、アルコール度数の低いビールを試してみてください。さらに、アルコールフリーのビールであれば、ビールの味を楽しみながら酔うこともありません。

輸入ビールを試してみましょう

世界中には何千種類ものビールがあります。是非、海外ビールにも挑戦してみましょう。輸入ビールは、国内ビールとは異なった材料や水、麦、花を使用して発酵させており、これが国内ビールにはない独自の風味を作り出します。

バドワイザー(アメリカ)、サッポロ(日本)、オッタークリンガー(オーストリア)、ギネス(アイルランド)、チャン(タイ)、サイゴン(ベトナム)と言った、世界的に人気の高いビールを試してみるのもいいかもしれません。今挙げたようなビールは非常に人気があるので、世界中どこのスーパーマーケットでも簡単に手に入れることができます。

自分好みのビールを見つけるおすすめの方法トップ3

自分好みのビールを見つける方法

正しい方法でビールを味わいましょう

ビール好きな人をたくさん知っていますが、正しいビールの飲み方を知っている人はあまり多くありません。ビールを一口飲むだけでも、そのビールについてたくさん知ることができます。好き嫌いを決める前に、まずは一口飲んでみてください。そして、口の中に広がる風味をひとつひとつ味わい、ビール全体の風味を確かめましょう。

次に、ビールの香りを胸いっぱい嗅いでみてください。花のような香り、ナッツのような香り、ハーブの香りやスモーキーな香りなど、様々な匂いに気づくかもしれません。香味料として、ビールには250種類以上もの精油が含まれており、ビールの香りを嗅ぐことは、ビールを十分に味わうためには重要なことです。

ビールを少し含み、それから口の中で回してみましょう。酸味、苦み、甘み、モルトのレベル、全体の風味はどうでしょう?たいてい、適度な炭酸を含んだコクのあるビールというのが美味しいと感じるようです。

適温でビールを飲みましょう

ビール風味を損なわないためは、それぞれのビールに適した温度で飲まなくてはいけません。たいてい、ライト・ビールは低めの温度(1-7度)、アルコール度数の高いビールや黒ビールは室温で飲むのがおすすめです。

そして、すでにビールが冷えている状態であれば、氷を入れる必要はありません。氷を入れるとビールが薄まってしまい、コクがなくなり風味を損なってしまいます。

適したカップで飲みましょう

ビールを注ぐカップも風味に影響を与えます。泡のたったビールはピルスナー・グラスに注がれ、ドラフト・ビールはグラスに注がれます。そして、たいてい瓶ビールは缶ビールよりも美味しいと思われています。

ここでひとつ役立つ情報です。缶ビールを開けたら、全て飲み干すか、余ってしまった場合には捨ててしまいましょう。それというのも、一度缶を開けてしまうと、ビールが酸素と触れ合い劣化してしまうからです。飲み残してしまったビールはおすすめできません。

結局、自分が好きだと思うビールが一番美味しいビールです。まだ自分好みのビールを見つけられていなくても、あきらめないでください。世界には何千、何万と言う種類のビールが存在します。そして、一番楽しいのは好みのビールに出会えた時ではなく、探している時なのかもしれません!

Nicky

執筆者 Nicky

Former employee of Vietnam Brewery Limited, Nicky is a Vietnamese blogger specialized in the beer industry.

コメントを残す

アバター

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

台湾イエロー・チキンと3種類のソース

台湾イエロー・チキンと3種類のソース

ホタテ炒めのシトラス風味の野菜添え

ホタテ炒めのシトラス風味の野菜添え