RecipesWine & Food Pairing

ローストラムチョップとアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ

ワインと料理の相性

酸味のバランスの良い、ソフトな口当たりのこのワインは、ラムとの相性が抜群です。ワインの芳醇な果物(チェリー、カシス、ブルーベリー)の香りとベルベットのようなタンニンが、ラム肉にしみ込んだ中華のスパイスと見事に調和します。ワインのヴァニラ、オーク、そしてチョコレートの甘い香りが口の中に残るスパイスの辛さを和らげ、アマローネの香りが料理の味を引き立たせます。

材料

  • ラムチョップ 1
  • 玉ねぎ 10g
  • コリアンダー 10g
  • エシャロット(みじん切り) 20g
  • 生姜(薄切り) 20g
  • ニンニク(薄切り) 20g
  • 王守義十三香 5g
  • クミン(粉末タイプ) 10g
  • 山椒(粉末タイプ) 5g
  • オイスターソース 10g

調理法

  1. ラムチョップを洗い、玉ねぎ、コリアンダー、クミン(5g)、王守義十三香、エシャロット、生姜、ニンニク、オイスターソースと混ぜ合わせ、1時間ほど漬けておく。
  2. ラムチョップを取り出し、余分なソースを取り除き温めたオーブンに入れる。
  3. ラムチョップがこんがりと色が付くまで焼き、山椒、残りのクミン、塩を振りかける。

ワイン

Sartori Amarone Della Valpolicella Reius

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコDOCG (Amarone Della Valpolicella Classico DOCG)
サルトーリ (Sartori)

ワインの概要厳選されたブドウを小さなプラスチックの箱に入れ、風通しのいい部屋で3ヶ月間乾燥させます。これは、アマローネのワイン造りにおいて非常に大切な工程です。丁度いい具合に乾燥させてから、ブドウを絞ります。
イタリア
地域ヴェネト州
醸造年度2015年
ブドウコルヴィーナ ヴェロネーゼ50%、コルヴィノーネ30%、ロンディネッラ15%、カベルネ5%
ガーネットのような深い赤色
香りベリーのジャムのような甘い香りにブラックペッパーのスパイスの効いた香り
味わいフルボディでスムースな味わいで、後味が持続します
アルコール度数15%
熟成中型~大型のオーク樽で3年間、そのごボトルに移して6ヵ月間熟成させる。

ワイナリー

Sartori di Verona

サルトーリワイナリーはベローナ州のヴァルポリチェッラにあります。緑の丘にはブドウやオリーブ、サクランボの木が植えられています。このワイナリーは、1898年にピエトロ・サルトーリ氏によって造られ、その恵まれた起業家能力のおかげで、今ではイタリアで最も有名なワイナリーのひとつになりました。上品で繊細、そして伝統的なワインを造っています。

創設者の孫が四代目として引き継ぎ、ベローナのワインは今では世界中で知られるよういになり、そして愛されています。サルトーリワイナリーは、当時ピエトロ・サルトーリ氏が購入した17世紀にあった美しい村の中にあります。この場所は現在ではワイナリーのシンボルとなっています。

オリジナルのワインと料理の組み合わせ

Chinese Cuisines Meet Italian Wines

このガイド、そしてプログラム(“Chinese cuisines meet Italian wines”)は、“The I Factor Limited”の“MELIUS”の一環であるイタリアンワインバンク(the Italian Wine Bank)によって推進されています。このガイドは、香港にあるCCI(the Chinese Culinary Institute of the Vocational Training)、クラブチャイナ・イタリアンソムリエ協会(Club China AIS)、そして“Italian Wines World Summit”の協力によって実現しました。

このガイドは、これから数年間でより多くの支持を得られると思われる壮大なプロジェクトの第一歩として始まりました。このガイドは、新しい食文化の理解を促進すると同時に、イタリアのワイン市場の評価基準や中国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、そして世界中で活躍する近代中華料理のシェフやレストランオーナーの紹介をすることを目的としています。

元のワインと料理の組み合わせはChinese Cuisines Meet Italian Winesをご覧ください。

シェフ チャイ・シン

チャイ・シンシェフは、カントリーキッチン・ローズウッド北京で総料理長を務めています。10年以上にわたり、特に広東料理、四川料理、湖南料理、そして中国北部の郷土料理に取り組んできました。シンプルな素材と伝統的な技術を駆使し、色々な中華に中国北部のスタイルを取り込んだ料理に定評があります。

関連するポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
newsletter-signup-img.jpeg
最新の情報を受け取る

ニュースレターを購読する

最新のワインに関する情報やヒント、さらにスペシャルオファーからマスタークラスへの招待を受け取るためには、まずはサインアップしてください